今年も高千穂よりお正月のお飾りが届きました。
ゴシゴシゴシゴシ・・いつもより長めに手を洗い、荷解きにかかります。

目に飛び込む、青々としたわら細工
ふわーっと広がる、藁の香り

この瞬間、何とも贅沢。大好きです!
例年同じようなことを綴ってると思いますが(汗)、何はともあれ今年も無事にお届けできてよかった^^

新年の幕開けに、健康で清々しいお飾りたちが届きました。


【祝亀 (大)(小)】

b0215241_14181944.jpg

「亀は万年」のことば通り、「長寿」や「継続」を象徴するお飾りです。
素朴でモダン、引き算の美を用いた、美しい祝亀です。
稲穂もフッサフサ。
引っ掛ける紐付きですので、壁に掛けて楽しめます。

b0215241_14261858.jpg

祝亀(大)
甲羅幅約10cm
縦(手先から稲穂の先まで)約26cm
¥3,888-完売


祝亀(小)
甲羅幅約6cm
縦(手先から稲穂の先まで)約17cm
¥2,592 完売


【鶴(大)(小)】

「鶴は千年」こちらも長寿を祝う縁起物です。
白い糸巻きでシュッと伸びた首に、たっぷり付いた稲穂の尾っぽ。見るからに縁起が良さそうです。
こちらも 引っ掛ける紐付きで、壁に掛けて楽しめます。

b0215241_14311479.jpg

鶴(大)
横約18cm
縦(稲穂の先まで)約28cm
¥2,592- 完売


鶴(小)
横約13cm
縦(稲穂の先まで)約23cm
¥2,160- 完売




【祝酉】

神使いといわれる「酉」のわら細工です。
「福をトリ込む」という語呂合わせから、縁起物として年中お飾り頂けます。
和風洋風、どちらのインテリアにもしっくり馴染むデザインです。

b0215241_1439592.jpg

祝酉
横約15cm
縦(吊るし紐込)約35cm
¥3,456- 残りわずか




【縁結び】

中央の結び目は、 歴史ある「総角(あげまき)結び」を表したもの。
人と人と結びつきを願って作られたわら細工です。
当店の入口にも飾っています^^

b0215241_14453090.jpg

縁結び
横(結び部分)約14cm
縦36cm
¥3,672-
完売



※遠方の方は通販可
※大きさは目安です。手作りのため個体差あり。
※返品はご遠慮願います。ご質問などございましたら、購入前にお尋ねくださいませ。

【通販について】

配送先の住所、氏名、ご連絡先、希望商品名をご記入の上、メールかお電話にてご注文ください。
追って合計金額と振込先をお知らせしますので、ゆうちょ銀行にお振込頂いたあと配送致します。
3日以内に返信がない場合は、行き違いの可能性がありますのでご一報くださいませ。



民芸かりん
karin.craftshop@gmail.com
☎ 089-904-7908
メールは24時間受付、☎は営業時間内(11-18時)でお願いします。



【送料(税込)】佐川急便 (北海道、沖縄は郵便局)
北海道・・別途
東北(青森・秋田・岩手・山形・宮城・福島)・・・1080円
関東・信越(茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・神奈川・東京・山梨・新潟・長野)・・・972円
東海・北陸(静岡・愛知・岐阜・三重・富山・石川・福井)・・・864円
関西・中国(大阪・京都・滋賀・奈良・和歌山・兵庫・岡山・広島・山口・鳥取・島根)・・・648円
四国(香川・愛媛・高知・徳島)・・・432円
九州(福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島)・・・648円
沖縄・・・別途
[PR]
b0215241_15484273.jpg

【バイクロア市】
@松山市城山公園
2017.11.12(日)
10:00~16:30

気まぐれチャリ通、2ヶ月越えになりました。
[PR]
b0215241_13562585.jpg
お寺市に向けて、ゴソゴソと準備しております。

お天気だけは自信があったのにな・・・(>_<)

小雨くらいと信じております。祈

みなさんお気をつけて。

暖かくしていらしてくださいね。


【豊園寺のお寺市】
10月29日(日)10:00~16:00
伊予市下吾川1963 
☎089-982-094
お車は月心会館をご利用ください
[PR]
b0215241_21483551.jpg
8日(日)、西予市宇和町へ春に植えた田んぼの稲刈り体験に行きました。

秋空に金木犀。
辺り一面、黄金色。
ここでは「季節を感じる暮らし」、「旬の食材」なんて改めて言う必要もなく、そのまんま。
自然な暮らしが流れています。

b0215241_21491945.jpg
もちろん稲刈り初体験。
鎌を持つ手もおぼつかないので、まずは上甲さんのレクチャーから。

「ここを持ってな~」
ザクッ、ザクッ、ザクッ。ザクッ、ザクッ、ザクッ。ザクッ、ザクッ、ザクッ。

一気に仕留める、迷いのない音。
カッコイー!!
農作業というより、1つのショーなんじゃないかと思うほど、無駄のない機敏な動き。
81歳を迎えたとは思えない見事な手さばきで、あっという間に刈っていきます。


b0215241_21501672.jpg
束ね方一つとっても解けない括り方に、ただただ驚くばかり。
先人の知恵、身を持って体験。
ごめんなさい・・農作業ってもっと簡単て思ってました。


b0215241_21522795.jpg
「次に何するか、そのためにはどうしたらいいかを常に考えながら動いちょるんよ」と、上甲さん。
サラッと発する言葉がいつも奥深いのです。

轆轤(ろくろ)を引く職人さんが、どうやったら同じ形の器をもっと早く引けるか、
竹職人さんが、どうやったら早く正確にヒゴを取れるのか、

職人さんの話の中はいつも「どうやったら」が沢山出てくる。


b0215241_21525888.jpg
さて、待ちに待った昼食時間。集会所で頂きます。
1歳~81歳まで^^、この幅広さが心地よい。
新米から用意してもらったおはぎまで(3個も食べた)、で満腹満足。
ごちそうさまでした~。

b0215241_21535594.jpg
午後からは午前中に刈ったところを稲木掛けに。
束を稲木の近くまで運ぶ人、手渡す人、掛ける人の分業制。チームワークで働きます。
掛けるときは、束ねた稲をほぼ7:3に分けて交互に吊るしていくのですが、これがまた難しい。
少し捻る感じで摩擦を利用しながら、ギュッギュとしっかり稲を開けて吊るし、稲と稲の間隔もしっかり詰めておかないと風で吹っ飛んで倒れてしまうんだそう。


b0215241_21545360.jpg
そうして見事?に完成した稲木掛けはこんなことになりました・・・アハハ苦笑

私たちが帰ったあと、上甲さんこっそりやり直すんじゃないか、
「あらら、ここの田、どがいした?」ってご近所の噂になりやしないかと心配デスが、、

年末のしめ飾りがどのように出来るのか、
そもそもお米自体がどうやって出来るのか触れることができたことが貴重な体験でした。

心地いい疲労感と達成感!

上甲さん、ナウビレッジさん、参加者のみなさん、ありがとうございました。
来年も頑張りましょう (笑)

愛媛の手仕事、拡がれ~!!
[PR]
b0215241_16261128.jpg
9/28(金)は、勝手ながら臨時休業頂きます。

春ぶりの関西圏へ。
仕入れ~ではないんですが、見るものみて帰りたいと思います。

大阪のエスカレーター、乗れるかな~
愛媛はどこ乗っても自由なもので。左、右?どっちどっち?
そんなとこから緊張します(^_^;)


さて、今年もあと3ヶ月。
気が早いのですが、そろそろ年末の足音が聞こえはじめました。
早々にしめ飾りのご予約、第一号!ありがとうございます。

清々しい国産のしめ飾りをお探しの方、よろしければ昨年のブログを参考になさってください。
数に限りがありますが、順次お返事申し上げます。

(※若干値上がりする品あり、また季節商品につき返品はご遠慮ください)

しめ飾り2016 高千穂①
しめ飾り2016 高千穂②
しめ飾り2016 愛媛/宇和町


メールもしくは、お電話にて。
ご連絡お待ちしています。


民芸かりん
karin.craftshop@gmail.com
☎ 089-904-7908
[PR]
b0215241_1421351.jpg
一気に秋が深まってきた愛媛ですが、今週しめ飾りでお世話になっている宇和の上甲さんから新米を頂きました。ヤッター、パチパチパチー

今年の春には田植え体験、夏には藁綯いの体験までさせてもらって、その時のみなさんに~とのことでナウビレッジさんが届けてくれたのです。いつもありがとう!

ここのとこ、ご無沙汰していた土鍋を引っ張り出してきて。
ちょっとマジメに、ご飯を炊いてみたいと思います^^



さてさて、その後のバケツ苗・・・

b0215241_14335191.jpg
高さ90cm近くなりましたが、未だ花はみられません・・・(^_^;)

「もう咲いとかないかん頃じゃがな~」と上甲さん。

「8月の水やる量が少なかったからですかねぇ・・・(>_<)」と電話口で肩を落としていると、

「ま、えがな。来年また今年の反省を活かしてやるっちゅうことで、ん?」 励ましてもらいました。

この夏、水の減りが早い早い。
植物にもいいコトバで話しかけるとよく育ちます~、なんて本の受け売りで毎日ブツブツ(←あやしい)「イネちゃん大きくなってね~」って話しかけてたんだけど。。
朝出勤すると、もうすでに土がカラッカラで、自然の中干し状態・・というのが何度かありました。

人も稲も十分な給水が必要なのね。
ってことでひとつ勉強、来年また、やってみます!

b0215241_14455252.jpg
10月はいよいよみんなで植えたところの収穫祭。

実りの秋、楽しみです!
[PR]