6/20の愛媛新聞

b0215241_21242561.jpg
6/20付の愛媛新聞(9面/地方欄)に宇和島の張子工房「よしを民芸店」さんと当店を掲載して頂きました。(※近所のおじちゃんがわざわざラミネート加工して持ってきてくれたよ、泣)

想像以上に大きく取り上げて頂いて、朝からビックリ!ありがとうございます。
よしをさんはいつものメガネを外してるし、私はちゃっかり鹿面と写り込んどります。


b0215241_21291042.jpg
以前よしをさんに見せてもらった新聞記事のスクラップ。
「シスコの商店主」って(笑)
昭和3、40年代はこういった手仕事品の全盛期で、生産が追いつかなかったそうです。
国内だけでなく海外からも注文があり評価されていたよう。。
b0215241_2131684.jpg
同じく同工房で作られたブーヤレも渡米したり、と。
b0215241_2133529.jpg
よしを民芸店も先代を筆頭に、多い時には職人さんやお手伝いさんが何人もいたんだとか。
それがブームが終わると一気に衰退、この鹿面はここ何年もお蔵入りとなってしまいました・・。


b0215241_21424888.jpg
でも何がきっかけで復活するかわかりません。
そして今や一瞬で情報が世界に流れていく時代。
SNSの拡散力で、え?大阪?東京?沖縄?今や県外から「鹿」目当てで来られる方もいらしゃいます。

子どもの頃はわからなかったけど、その土地の色があり、そこに深く根付いたものは特色があって面白いですね。

まだ新聞束ねてない方はぜひ、見てみてください。
[PR]
by karin-since2011 | 2017-06-21 21:52 | 郷土玩具