とりとめのないこと

b0215241_1662760.jpg
今月3回目の更新・・・
覗いたのにまたページ変わってないじゃんかーとの声。(言うと言わぬと心の中の声も届いていおります・・・)ほんとごめんなさい。
今月の目標は家、店ともに「棚卸し」。
なので、モノに囲まれ片付けて、1つ1つを順次チェック、整理しております。

個人的なことですが今まで6回の引越し、さらに知人親戚含め、ここ5年は何らかの形でほぼ毎年のように住処の移りに関わっている気がします。
食器や調理器具を新聞紙で千本ノックのように梱包し、懐かしーとか言いながら昔のアルバムに時間を取られ(ひぇーっ、いつの間にこんな時間?!)、軽トラにせっせと小さい家具を積みこんで・・もう要らないものはクリーンセンターに持ち込んだり。
そしてそこでまた巨大なゴミの山山山を目の当たりにするのだ。

その度に思う、「モノ」って何だろう。
「モノ」を販売している身で何なんだけど・・・(^_^;)
自分に本当に必要なモノは何なのかとか、
引越しの際に、また持っていくモノ、そこでサヨナラのモノ、その違いって一体何?・・・・とか。
そんなこと考えたって仕方ないし、別に考えなくてもいいことなんだろうけど、ふと自ずと頭をよぎるのです。

で、何が言いたいかと言いますと、
やっぱり責任を持って「モノ」を販売しよう!と。

引越しの際にも連れてってもらえるような、
長く長く使ってもらえるような、
その人が仮にもう必要としなくなっても、また他の誰かに欲しいーと思ってもらえるようなモノ。

その後付けとして、「あ~あの時かりんでこんな話しながら買ったよね」とか。(これはあくまで希望ですね(^_^;))

なのでやっぱりそういうモノって何なのかと言うと、私にとっては手仕事のモノ、実用的な丈夫なモノ、その土地や暮らしにに根付いたモノであり、これからも背景のあるモノお届けしていきたいと思います!


(写真は今年のはじめ茶房ひょんさんの珈琲、ここに来ると自ずとモノとの関わりを考えさせられる場所)
[PR]
by karin-since2011 | 2016-02-25 16:33