岩手・篠竹のかご ツボケ 

b0215241_1453845.jpg
沖縄地方は早くも梅雨が明けたそうですが、今日の愛媛は「これぞ梅雨」というような一日です。
シトシトシトシト・・・作物の恵みの雨となりますよう。。

さて、岩手県の篠竹で作られた竹かごで、「ツボケ」が新しく加わりました。
b0215241_1494073.jpg
この「ツボケ」。
ちょうど口の下には、2つ耳がついています。
そこに紐を通して腰にグルグルっと巻きつけ、主に田植えや作物の収穫時に便利なポケットの代わりとして使われてきました。
一番大きなものは「りんご取りツボケ」と呼ばれるもの。リンゴも入る丈夫さです!
岩手県鳥越地方の竹細工は、江戸時代からカゴや笊(ざる)が作られてきたという記録が残っており、非常に丁寧に編まれた手の込んだ工芸品。そのクオリティの高さにどこかの職人さんたちが作ってるの?と思われるかもしれませんが、作り手はその土地に住むおじいちゃんおばあちゃんたち。
「平均年齢ゆうに70は超えてるよ~^^」というから驚きです。

花かごにしたり、収納にしたり、耳付きなので壁に引っ掛けても。
b0215241_1534188.jpg


【ツボケ】
(小) 直径:20cm 高さ:25cm  ¥3240-
(中) 直径:26cm 高さ:30cm  ¥4104-
(大) 直径:31cm 高さ:32cm  ¥6912-


「働くカゴ展」@かりん
6/6(土)~7/6(月)
11:00~18:00 火曜休
伊予郡松前町中川原413
☎089-989-7395

商品のお問い合わせはこちらから↓
karin@triton.ocn.ne.jp
[PR]