柿のつれづれ

b0215241_15344112.jpg

日中、穏やかな天気に包まれてますが、暦の上では今日11月7日が「立冬」。日が暮れるのも早くなり、いよいよ冬の到来です。

今朝は、家の庭にある柿を収穫しました。
「柿が赤くなれば、医者が青くなる」の諺(ことわざ)。
一説には、柿が赤く色づく秋の頃は過ごしやすい気候になり、病人も減るから医者が青くなる・・と言われ、
はたまた一説には、農家さんが収穫に追われる秋のこの時期、多忙で病院にいく暇もなくて、お医者さんが暇で青くなると言われ・・、
いわれはウンヌンあるようですが、どうも柿のもつ豊富な栄養分も関係しているようです。

(何だか小学生の宿題のようですが)、柿について調べてみると・・・
何といっても柿にはビタミンAやビタミンCが豊富!柿1つ食べれば1日のビタミンCが摂取されるらしいのです。つまり、ビタミンAやビタミンCをたくさん取ることで、体の抵抗力を高めたり、風邪予防に効果的とのこと。
また、柿に含まれるカリウムは、体のなかの余分な塩分を体外に排出してくれる効果もあり、柿の渋み成分「タンニン」には、アルコールを分解する作用があり、二日酔いにも効果的、などなど。

食べ過ぎはよくありませんが、いいことづくめ。意外にも果物の優等生の柿くんでした。
そしてそしてその栄養分は実だけにとどまらず、柿の「葉」にも栄養成分が含まれており、柿は捨てるとこあらず!?そういえば柿の葉茶や柿の葉寿司とかありますね。

今まで食わず嫌いでもったいなかったな。
柿一つにも先人の知恵を感じつつ、いただきます。   おしまい。
[PR]
by karin-since2011 | 2012-11-07 16:24 | つれづれ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://karin2011.exblog.jp/tb/19451523
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。