土間に壁をつくりました

b0215241_15541120.jpg

今までレジとしていた土間のスペースを半分に区切るため、壁を作りました。

土間、という昔ながらの生活空間が気に入っていて、その部分も取り入れたいと残していましたが、布で覆いながらも、その後ろに流し台が見えるようでずっと気になっていました。

少し手狭になったものの、空間を仕切ることで、ほどよい安心感のある間になりました。

レジ前に置いているオルガンは、もうかれこれ古いものですが、未だ健在。
「これどうやって使うん?」
子どもたちの中には、足踏みオルガンを知らない子もいて、
「こうやって足で交互に踏んで、空気を送って音を出すんよ」
というと、一生懸命足をバタバタさせています。(手も動かしてねー)

といいつつ私も弾けないので、ほとんど飾りと化してもったいないのですが、先日お客様がさらっと一曲演奏してくださいました。

温かみを十分に含んだ、優しくて柔らかな音色。
「弾く」というより「奏でる」ということばが似合います。
おおらかで、のびやかで、包みこまれるような、本当に心地のよいひとときでした。ありがとうございます。
オルガンもきっと喜んでたはず。

夕暮れの時の、いい時間でした。
[PR]
by karin-since2011 | 2012-02-21 17:09 | つれづれ