タグ:わら細工 ( 2 ) タグの人気記事

b0215241_17292333.jpg

手しごと繋がりでお世話になっているNowvillageさんのお誘いで、5/6(土)西予市宇和町へしめ飾り用の「田植え体験」に行ってきました。

松山を出るときはザーザー降りで、一瞬ヒヤッとしたお天気ですが、宇和に到着する頃には小雨模様。
「晴れ男に晴れ女だから、きっと大丈夫!」
なんて顔合わせをしながら、念のため午前と午後の予定を入れ替えて、まずは上甲さんの工房にて「しめ飾りのプチレクチャー」を見学しました。


b0215241_18015999.png

もう何度も紹介させてもらっている上甲さん。
とても80歳とは思えない気力、体力、向上心で、稲穂たっぷりの「宝結び」、クラフト細工の「鶴亀」や「藁ぐろ」など、一人で幾つもの作品を製作します。
その細やかで美しい手仕事に、地元だけでなく今や全国各地からお問い合わせを頂くようになりました。



b0215241_18181475.jpg


モノづくりの基本はまず、良い素材と下準備。
よったり編んだりする表立った作業につい着目してしまいますが、実は形づくりをする、その前の”ひと仕事”が大事なんだ言われます。
これはわら細工に限らず、どの分野の職人さんも共通して言われること。

「良質な稲わら」が「良質なしめ飾り」を生み出す。
「そこに一番神経を使うちょるんよ」
少しでも肥えが切れると色が茶色に抜け、選別が正確でなければ仕上がりの良さにひびいてきます。
こまめに田んぼに足を運び、その時々で状態判断。
毎年天候によっても変わってくるので、肥えをどのタイミングでやるかというのは、”経験則に基づく勘”です。
選別を担当されているお姉さんの下仕事も、几帳面なほど正確なもの。


b0215241_18464413.jpg

「こがい仕事みせたら真似されようが言れるんじゃけど、これは誰もよう真似できんけんな」
一瞬で藁をよりあげていく見事な手さばきに一同「お~!!」
カメラがぶれて追いつきません。
普段見ることのできない職人技に引き込まれ、気がついたらみんなどんどん前のめりになって見てました。




b0215241_19004030.jpg


昼食を挟み、午後からいよいよ田植え体験。
みんなの日頃の行い?で雨もあがり、暑くなく寒くなくの絶好の田植え日和となりました。
慣れない田んぼに足をとられながら、中指三本添えて~と植え方を教わります。
両サイドに紐を張り、等間隔に印された赤い目印に沿って植えていく、もちろん私自身初めての体験です。



b0215241_19130379.jpg

上甲さん :「おーい大丈夫かー」
みんな  :「(元気よく)はーい」
上甲さん :「大丈夫かー」
みんな  :「(小さく)はい」
上甲さん :「大丈夫かー」
みんな  :「・・・」

だんだん足腰にひびいてきて、気けばモクモク・・無言で植えてる。
普段の生活でいかに身体を使ってないか、よくわかりました。。。


b0215241_19213944.jpg

できた~!!2時間半かけて田植え終了。
上手くできたかどうかはわかりませんが、童心に返ったような気持ちの良い達成感。
額の汗も爽やかです。
しかし、これだけの広さで2時間以上かかるなんて・・・トホホのホ
「もうこれからお米、一粒も残せないね~」
やってみてそのありがたみがわかります。

b0215241_19070275.jpg

終わる頃には晴れ間も見えてきましたよ。
宇和の景色は山が青々、空も澄んで本当に気持ちがいい。
こういう自然豊かなところには、必ずと言っていいほど良い手しごとが生まれます。

田植えをしていると近所の農家さんが覗きにきたり、おばあちゃんが抱っこして子守をしてくれたり。
世代を超えての交流にも気持ちがホッと和みました。

これから苗がどんな風に育っていくのかなぁ~我が子のように楽しみです。
成長の様子、またお知らせしますね。

田植え体験はこれで終わりですが、ご興味ある方は
第2回、3回のしめ飾りに関する企画会にぜひご参加ください。

上甲さん、Nowvillageさん、ご参加のみなさんありがとうございました。














































[PR]
b0215241_17493331.jpg
GWも半ばに入りました。
5/6(土)は研修と称して宇和町で「田植え体験」、臨時休業致します。

年末のしめ飾りに使われる稲わらが、どんな風に育つのか。
今年はその過程も一緒に、随時お届けできたらと思っています。

b0215241_17550332.jpg
午後からは上甲さんのしめ飾りプチレクチャーも入る予定。

告知が遅くなりましたが、6日(土)ご興味がある方、参加してみたい方、
いらしゃいましたらぜひお声かけください。


勝手ながらよろしくお願いいたします。


民芸かりん
☎089-989-7395
karin.craftshop@gmai.com












[PR]