ここのところ気温差があって、洋服も半袖と長袖がいったりきたり。

喉が渇いて、冷たい麦茶がゴクゴク飲みたーいと思えば、今日はまだ肌寒いからあったかいお茶でちょっと一息、と思ったり。

日ごとに、また時間帯によっても気分が変わります。

店に置いているもので、この湯のみにはこの飲み物があうんじゃないかと思うもの、少しご紹介したいと思います。

b0215241_17422510.jpg右は、栃木県で活動されている、笠原良子さんの煎茶碗。
そのまんまで恐縮ですが、この碗、本当に煎茶の緑がよく映えます。
内側は刷毛目(はけめ)模様。外側は化粧に、奥のものは鎬(しのぎ)が施されており、どちらも上品かつ凛々しい佇まい。
来客用にも◎。和菓子を添えて、お茶の時間が心豊かに楽しめるような煎茶碗です。

b0215241_17423723.jpg

左は、岡山県、三宅吹硝子工房さんのグラス。
こちらには、シンプルに冷たい麦茶はいかがですか。
何気なく、ふと気づいたらいつも使っているというグラスって、こんな感じかなと思います。飽きのこない形ですので、まとめて揃えても〇。個人的には手が小さいので、この細さはしっくり馴染むのがうれしい。

b0215241_17425556.jpg最後は、備前焼、横山直樹さんのフリーカップ。
備前焼で飲むと、コーヒーの味がまろやかになるので、ここ何年も愛用しています。
これからの時期、氷を入れてアイスコーヒーにも。もちろんお酒をのまれる方には、風呂上りのビールや水割りにもおススメです。


他にも多数揃えています。
お気に入りのカップでいっぷくされてはいかがですか。


煎茶碗  横10cm×縦6cm  2100円
グラス   6.5cm× 10cm 1890円
備前カップ 9.5cm×8.5cm 2625円
[PR]
b0215241_16335887.jpgno+ahさんの夏ものストールとランチョンマットが入荷しました。

素材は、ストールは絹、ランチョンマットは綿です。

左写真のストールは、ヤマモモと玉ねぎの皮を用いて染めています。

no+ahさんのものは、どれも天然染料ですので安心して使えますし、天然染料ならではの、上品で何ともいえない優しい色合い。

糸を染めたあと、今ではめずらしい手織りをされており、1本1本は非常に細く、気の遠くなるような作業です。

その、一切手抜きのない繊細かつ、芯の強さを秘めた織物は、一言でいうならば、

「ホンモノに触れた…」という感じでしょうか。

きっと、長く大切に使っていただけることと思います。


今月は、父の日もあります。男性の方がさらっと首元に巻くのもすてき。

スーツなどのフォーマルはもちろん、Tシャツなどのラフな服装にも、ひとつ手の込んだものが入るとグッと印象が引き締まります。

みんなで、少しずつ出しあって贈り物にするのもいいですね。


ストール  157×33.5cm  16,500円
180×38cm   19,500円

サイズ、他にもいろいろあります。

ランチョンマット 40×31cm 2500円~3500円

b0215241_17103780.jpgb0215241_17125212.jpg
[PR]
b0215241_13372834.jpg海風窯さんのシーサー入荷しました。

文鎮代わりにもなるミニサイズから、玄関や庭先においてもずっしり存在感ある立派なシーサーまで、サイズも形もいろいろ揃っています。

ひとつひとつ手作りでつくられているため、顔も形も2個と同じものはありません。

シーサーは、自分と目が合うものがいいんだそう。

シーサーをお探しの方、沖縄に行ったときにやっぱり買っておくんだったーと思ってる方、ぜひ選びにきてください。

これからの季節にもよく似合います。





ミニサイズ 7.5cm×5.5cm×7cm  630円

シーサー小  5250円~    
b0215241_1337463.jpg                             

     
[PR]
b0215241_16574833.jpg庭のびわの木に実がなりました。ちょっと前まで緑色だったのに、ここ数日でもう色づいて。

新聞紙でかぶせる袋を作ろうと思っていたのに、一歩遅かった…。

先月はさくらんぼの木が実をつけ、びわが終わったら、次はぶどうが待ち構えています。うふふ。

もともとここに植えられていた木々たち。

ありがたいことに、次々に収穫の楽しみをもたらしてくれます。
[PR]
5/30(月)、31(火)臨時休業いただきます。

ご迷惑おかけしますが、よろしくお願いいたします。
[PR]
本日5月29日(日)、しおさい公園にて予定していました「TeToTe」イベントは、天候により中止となりました。

雨天でも開催するなら!と気合をいれて会場に向かいましたが、こればっかりは…致しかたありません。

楽しみにしてくださっていたみなさん、本当に申し訳ありません。

店でもチラシやブログなど告知してましたので、なかには会場にお越しくださったかたもいるのではないかと思います。

重ね重ねお詫びとお礼申し上げます。

スタッフの方々も、この日のために事前準備や手配、連絡など本当にお世話になりました。


みなさま、今後ともよろしくお願いいたします。



詳しくは、TeToTeさんのHPをご覧ください。
http://tetote2010.jugem.jp/
[PR]