b0215241_14364063.jpg
気づけば今年も早2ヶ月。
愛媛もここのところ急に気温が下がり、一気に冬に近づきました。

本日より中央テーブルには掛谷康樹さんの器が並んでいます。
広島県福山市の自宅兼工房にて一人作陶している掛谷さん。
「練り上げ手」という技法を用いて、色の違う粘土を地層のように重ね合わせ、練ったりこねたり切り口を変えたりして多様な柄を生み出します。
異国情緒をまとったエキゾチックな模様たち。
フツフツと潜在意識がかきたてられるのは何故でしょう。
b0215241_14444257.jpg
「絵付け」ではなく、土そのもので柄を出していますから、お皿の裏まで同じ模様が広がります。
練り上げ手というのは作るのに時間がかかりますし、窯から出した際の破損率も高いそう。
一人で作るには一ヶ月の生産量がほぼ決まっています。
b0215241_15104826.jpg
はじめて見たのは6年前の倉敷の民芸店でした。まだ店を始める前のことです。
積み上げられた器の一番奥からガサッっと取り出してると、店主が以上のような説明をしてくれました。
それってどんなの?実際に見てみたい、店開いたら絶対訪ねていこう!
8寸皿を大事に大事に抱えて帰ったのを鮮明に覚えています。
b0215241_15195119.jpg
そして帰って使ってみたら、何と使いやすいことに驚きました。
眺めて楽しめる器ですが、やっぱり実用的であると女性目線ではなお嬉しい。
奇をてらわず、あくまで用の美を兼ねているところも惣堂窯の魅力です。
b0215241_1529570.jpg
b0215241_15304577.jpg
角皿が入れば食卓が締まりますのでまだお持ちでない方におすすめです。
b0215241_15292010.jpg
「練り上げの器は主張がありますからね、食卓全部が練り上げ手だと重たい。沢山並べなくていいんです、1つか2つあればいい」
掛谷さんはおっしゃいます。
「アクセントとして使ってもらえたら」
b0215241_15395137.jpg
気温が下がってきましたので、土ものが並ぶと食卓がほっとする、温かみが感じられますね。
やちむん、小鹿田、出西窯等、他の産地ものと並べてもしっくりくるのは、主張しながらも各々どこか引き算の美があるからではないでしょうか。
そんなところも民芸の魅力の1つだと思います。
ぜひお手に取ってみてください。
[PR]
b0215241_1440507.jpg
今週末の愛媛は秋晴れの心地よいお天気が広がっています。
砥部町では29日(土)、30日(日)と秋の砥部焼まつりを開催中。
野外イベントは、お天気が大きなウエイトを占めますのでホント晴れてよかったですね!
年に2回、春と秋に開催される砥部焼まつりですが、両者の大きな違いは窯元との対面販売かどうかです。

春はメイン会場が体育館。
館内には窯元ごとに分けられたブースに商品のみがズラーっと一面並べられ、来場者は掘りしものを探す気分でガッサガッサとお気に入りの商品を選んでいきます。
黄色いカゴの光景はお馴染みですね。
イベントの間、窯主もスタッフとしてレジに梱包に各担当箇所で大忙しで働いていますから直接お話しする機会はなかなかありません。
今年の春の様子はコチラから → 
b0215241_14561099.jpg
一方、秋は伝統産業会館周辺に各窯ごとにテントが並び、それぞれのブースで直接窯元さんが接客販売します。
自分の好きな器を誰がどんな風に作っているのかを知るいい機会ですし、また作り手さんと話しているうちに愛着が沸いてきて欲しくなることもあると思います。
そういったやり取りを楽しみに毎回秋のお祭りに足を運ばれる方も多いようです。
b0215241_15112686.jpg
約60軒の窯元が一同に並び、お安く買い求めれます。
対面ですからね、交渉上手な方はさらにお得になるかも^^。
伝統的な窯元から若手の作り手さんまで幅広く並んでいますので、世代を超えても楽しめるとイベントだと思います。

今回9時ジャストに会場に到着しました。
が、すでに下の駐車場は満満満車です。
えーっ砥部小まで上がるのぉ??トホホ・・
グネグネと慣れない山道を車で上がって行き、着いたら着いたで今度は地面ジュルジュルぬかるんでいます。
ついてないなぁ・・と思いながらテンションやや下がり気味。

しかししかし!
やっぱり早起きは三文の徳なのです!
おかげで帰り際、会場から駐車場に戻る途中、江戸時代からの砥部焼の陶片が飾られてる箇所に立ち寄ることができました。

b0215241_15272418.jpg
b0215241_15402826.jpg
b0215241_154038100.jpg
b0215241_15404629.jpg
b0215241_15405967.jpg
この場所は知りませんでした。というより砥部の街を隅々までゆっくり散策したことなかったのですね。
今度時間をかけてこよう。
後ろ髪をひかれつつ、再び駆け足で駐車場に戻りました。

そして駐車場で最後の極めつけ。
目に入ったのはこちら、じゃーん。
b0215241_15442842.jpg
地元の小学生が書いたと思われますが・・・深い、深いよ。
妙にジーンと来るのは、歳のせいかしら(^_^;)


以上、焼きものだけでなく色んな発見、収穫のある砥部焼まつりレポートでした。
[PR]
b0215241_1539772.jpg
シーズンごとに素敵なデザインのソックスを届けてくれるFrench-bullさん。
今季秋冬ものが揃いましたので、中央テーブルでお披露目展しています。
b0215241_1558334.jpg
b0215241_15585920.jpg
季節が年々二極化もよう。
10月前半はまだ半袖がしまえなかったのですが、やっとウールソックスも身近に感じられるようになりました。
サイズはすべてワンサイズ、縫製は日本製です。

b0215241_1621865.jpg
合わせてモロッコのバブーシュも入荷。
羊の皮はとっても柔らかく、履いてるとしだいに足に馴染んでいます。
そうして1年2年後には、まぁここまで?!というくらいペッタンコになってお役目終えます。
そのペッタンコも味なんですが(^_^;)
新築や誕生日のお祝いにされる方も多い品物です。
b0215241_161174.jpg
ブルキナバスケットも入りました。
折りたためるし、コロンと転がしてても上から吊るしても可愛らしいカゴですのでカゴ好きさんにぜひ。

10/31(月)までモリモリ並べてお待ちしています。
[PR]
b0215241_14233821.jpg
「田んぼにデーン!稲わらイノシシ!」
玉川町で2014年からはじまったこの製作、今年で3年目だそうです。
去年見逃したため、今年は見るぞと張り切っていました!
長さ約5メートル、高さ約3メートルの巨大イノシシ2頭とわらぐろ2基、木彫りの動物たちが玉川町の静かな山あいに並んでいます。
b0215241_14471042.jpg
「田んぼがじゅるい(=ぬかるんでる)から足もと気いつけてね~」と地元の人に声かけてもらって、ソロソロ近づいていくとその大きさに一瞬たじろぐ。うっ、でかい!
木と竹でできた骨組みに、稲わらを次々と編み込んでいくんだそうです。
b0215241_14472325.jpg
そして「目」は、やっぱりね~期待を裏切らないミカン(笑)。
ちょこんと付いたオレンジの真ん丸が見えるでしょうか。

田んぼの隣は廃校になった鈍川小学校。
ここも高齢化の波が進んでいます。
途中道を尋ねたご近所のおばあちゃん。
お庭まで出てきれくれて、「イノシシならこれからもうちょっと行った先に見えるよ。大学の先生が教えてくれながら地元のもんで作っていくんよ~ほじゃけん綺麗なろー」
道を聞いただけなのに、庭に咲いてるお花まで持って帰りなさいと分けてくれる・・お接待文化。
b0215241_14483969.jpg
稲わらイノシシ、年明けのどんと焼きまで見られるそうです。

愛媛新聞サイト→
[PR]
b0215241_18033.jpg
勝手ながら10/10(月)は13時までの営業とさせて頂きます。
三連休の最終日のところ申し訳ございませんが、よろしくお願いいたします。
[PR]
b0215241_14375282.jpg
昨日、嬉しい一通のメールが届きました。
送り主は、愛媛県大洲市で染織物をしている吉岡早苗さん。
野村のシルク博物館で二年間染織の基本を学んだあと、さらに織りの道を深めたいと今度は単身島根に渡り、「出雲織」青戸柚美江先生の門下生として二年、経験を積みました。
2012年からはご自宅のある大洲に戻り、着尺を中心に作品作りを進めています。
b0215241_14412879.jpg
この9月に東京で開催される出雲織一門展に行かれるのは伺ってたのですが、その時のご縁で、今度は銀座の呉服屋さんの企画展に出品することになったそう。
昨日の朝はそのお知らせメールでした。
b0215241_1452571.jpg
着物を織ることを「生業」まで昇華させるには、何としてでも結果を残さなければなりません。
まずは公募展に応募し、自分の作品と名前を知ってもらい、呉服屋さんの目に留めてもらう。
何でもそうですが、何年も何年も重ねた日の目を浴びるまでの陰の努力と精神力には本当に頭が下がります。逆に言えばそこを乗り越えた人にしか与えられないのかもしれない、その時期こそが選ばれてるときなのかもしれません。
b0215241_1521797.jpg
第48回日本伝統工芸染織展 奨励賞・山陽新聞社賞受賞
第49回日本伝統工芸染織展入選
有言実行。行動あるのみ。着実に「生業にする」夢に近づいています。
謙虚な姿勢で人の前に出ること、派手な場を控えますが、どんな風にも揺らがない一本芯の通ったしなやかな強さを秘めた女性です。
当店では綿素材の手織りストールを置かせてもらっています。
b0215241_1572659.jpg
肌さわりがよく日中気温差の激しい季節には一枚あると重宝しますね。
いつまでも飽きのこない藍染、手織りです。

今回のよい便りとともに。
ぜひ、美しい手織りもの、お手に取ってみてください。


銀座の呉服屋さんかわの屋さんHPはコチラから → 
[PR]