b0215241_23305129.jpg
11日(日)は西予市宇和町へ、GWに植えた苗の成長観察と、藁を綯うプチ体験に出かけました。
その時の田植えの様子はコチラから。
それにしても苗って1ヶ月でこんなに伸びるんですね~!
20cmは優に超えた苗、成長の早さに一同ビックリ、驚きです。
毎日食べてるお米のこと、もっと知らなきゃねと反省しつつ・・
若き老体?にムチを打った前回の田植えから、無事に育ってくれた苗っ子たちが愛おしい^^

b0215241_23551116.jpg
青々とした気持ちのよい田んぼで、引き続き上甲さんのお米講座。
苗はここから横にわいて広がっていくんだそう、ものすごい生命力です。
そして苗を植えてから約一ヶ月、ここで一旦田んぼから水を抜く「中干し」という作業に入ります。
よく見かける田んぼがヒビ割れた状態って、実はこの中干しだったんですね。
今まで田んぼに水が足りてないんかな~と思ってました。(大きな勘違い・・)
にわかに信じがたい作業ですが、そうして根っこを一度枯らすことにより、強度を増した根が張って、稲の成長を促すんだそうです。

b0215241_0213994.jpg
何でもやってみるという上甲さん。
「わしも今年はじめてするけど、土と苗をあげるけん、あんたらも持って帰ってやってみんかな」
と今ブーム?のバケツ苗をレクチャーしてくれました。
みんな持ち寄ったバケツにそれぞれ分けてもらって、あとは家での宿題です。
夏休みのアサガオ観察みたい、何だか楽しみ( ^ω^)ワクワク

b0215241_0283059.jpg
そうして上甲さんの倉庫へと移動し、青いビニールシートにゴザも敷いてくれて、みんなで藁を綯うプチ体験を行いました。
小学校の時にやったことがあるという学生さんもいましたが、ほぼみんな初体験。
丁寧に選別、保管された、青々と状態のよい藁たちが参加者に配れらます。

b0215241_039144.jpg
まずはじめに、藁を麻紐で束ねる際の「たが結び」から教えてもらいました。
「この結びは解けることはないけん、覚えといたら生活のなかで色んなときに役立つよ」
と上甲さん。
お手本ではスルスルーッと簡単そうにみえますが、いざ自分がしてみると、
「え、どう?どう?もうわからん・・(泣) もう一回お願いします」
何回も解いては編み、解いては編み~の繰り返しでマスターしていきます。

b0215241_0423868.jpg
たが結びが出来たら、靴下を片方脱いで(写ってしまった)、いよいよ藁を綯う作業に入ります。
まず両手に水でたっぷり湿らせ、束を二つに均等に分けて、両手で滑らすように綯っていきます。
この作業、実に集中でき、奥が深い!
あ~ここが緩かった→次はもっと上手くなりたい→もう一回やってみる、とどんどんハマっていくのです。
気づけば千本ノックのようにワサワサワサ。
「できた~」と二本綯いならぬ、三本綯いに挑戦したお父さんも。

b0215241_058522.jpg
「来年のお飾りは自分で綯うて作ったらええけんな~」
ってまだまだ道のりは程遠いのですが、普段できない貴重な経験をさせて頂きました。
上甲さん、企画のナウビレッジさん、ご参加頂いたみなさんありがとうございました。

みなさん知ってました、お米って花が咲くんですって!(何を今さら)
また随時成長の様子をお届けしたいと思います。

晴れ続きなのは助かるけど、作物には少し雨が降って欲しい今日この頃。
[PR]
b0215241_182089.jpg
今月は2週連続日曜日、お休み頂きます。

6/11(日)研修 宇和/農業体験
6/18(日)結婚式 (知人のね)

勝手いいますが、よろしくお願い致します。
[PR]
b0215241_17222971.jpg
「まだ時間て、大丈夫ですか」
ご友人の結婚祝いを選びに、仕事終わりに駆けつけられたお客様。
「苗字が変わることだから」と、ご自身でも愛用中の”こぎん刺しの印鑑ケース”を選びに来てくれたのでした。

お祝いの贈り物は大半うつわをオススメしますが、今回はその手があったかと妙に納得!
素敵なアイデア、頂きました。

そういえば少し前に来られた年配のお客様も、お孫さんの誕生祝いには「オーダーした印鑑と、印鑑ケースを贈ったのよ」とおっしゃてて。

贈り物はあれこれ迷うけど、何がいいいかなと想いながら、実用できて、+(プラス)さらっと自分らしさを加えられれば、それは大層素敵ですね。

b0215241_185254.jpg
「どの色がいいかな~」
と選んでいる店内は明るい空気が流れるので、こちらまでほのぼの。幸せ気分。

「ほんと苗字が変わるってね~、縁てね~」なんて女子トークを広げながら、

しっかりお包みさせて頂きました!


そういえば来月はJuneブライダル。
私も久しぶり、知人の結婚式参列。
(また日が近づいたらお知らせしますが)18日(日)はお休みします。

お祝いごとのつれづれ日記。
[PR]
b0215241_16025957.jpg
ここ数日で日中の気温が一気に上がり、春の余韻を楽しむ間もなく一気に夏に突入しそう。
「暑くなりましたね~」
すでに半袖をお召しのお客様とお話してたら、
「そうですよ~、今年ももう半分近く過ぎようとしてますからね~」
「?!」
(ギョッ)という心の声が鳴ったのは言うまでもありません・・・きっと顔にも出てたよね。

さて当店でも夏に向けてゴザを手にされるお客様が増えました。
岡山で製作している三宅松三郎商店さんの花むしろ。
季節柄、ブログでは毎年この時期のご紹介になりますが、国産い草を使用した見ても触っても美しいゴザです。
去年の訪問記はコチラから。
b0215241_16163619.jpg
目の揃った滑らかな質感、ほのかに残ったい草の香り、和洋問わずの飽きのこないデザインで一枚敷くだけで部屋が明るく、引き締まります。
裏綿もこんなに素敵な色合わせなら、いっそ両面楽しみたい^^

b0215241_16262365.jpg

瀬戸大橋 モダン!

b0215241_16292024.jpg

少し小さめの玄関敷き 60×90

b0215241_16324902.jpg

b0215241_16490890.jpg
あれこれ説明はいりませんね^^

















[PR]
b0215241_12430602.jpg
お世話になっているミロコカフェさんから、LIVEPAINTの前売りチケットを預かっています。
中ムラサトコさん(音楽)とミロコマチコさん(絵)のコラボイベント、

「こえのこどもたち」

会場は何と 久万高原町、青銅の回廊です。
街から離れて、一日世界観に浸ってみてはいかがでしょうか。


「こえのこどもたち」
2017.6.17(土) @青銅の回廊(久万高原町)
前売り ¥3000
当日  ¥3500
開場 11:30 / 開演13:00
(中高生は1000円ですが前売りはありません。)

※交通機関(バス)でも来れるよう、開演時間の配慮あり


民芸かりん
☎089-989-7395
karin.craftshop@gmail.com









[PR]
b0215241_16451690.jpg
松山から約100km南に位置する宇和島市。
宇和島城を中心として栄えた伊達10万石の旧城下町で、宇和海での真珠や魚の養殖業が盛んな土地です。
松山方面から国道沿いを走っていると、トンネルを抜けた直後に海が広がり、これぞ瀬戸内海という穏やかで爽やかな景色が広がります。
あ~気持ちい~、車を止めて背伸びしていると、ちょうどタイミングよく列車がやってきましたよ^^

b0215241_19442953.jpg
さて、今回で2回目の訪問となる、宇和島市内の「よしを民芸店」さん。
地域の民俗芸能に基づいて、お張子で「牛鬼」や「鹿面」などの郷土玩具を製作している工房です。

60年前の貴重な牛鬼を見せてくれました。
牛鬼というと「魔除け」ですから顔の周りに毛がワサッと覆いかぶさった、恐ろしいものをイメージしていましたが、どうも当時は馬の毛が貴重だったのでそんなにつけてなかったよう。。
衒(てら)いのない、いい表情しています。

b0215241_20011476.jpg
先代からはじまったよしを民芸店、現在は2代目宇都宮よしをさんが継承しています。
お話を進めながら、どうしても鹿面の型が気になり、棚の上段にあったもの無理言って下ろしてみせて頂きました。

今はもうこの型は使われていないそうですが、重ねられた和紙が非常になめらかで、画像で見てもわかるように一つの段差もなくツルッツル。
「ほらほら、こういうとこね」
と指さす2代目よしをさん。
時を経てもこうして痛みが少なく、亀裂が少ないのは、いかに先代の仕事が丁寧だったかということがよくわかると言われます。
昭和3、40年はちょうど民芸が右肩上がりの全盛期。こちらの工房も夜も寝る間を惜しんで製作していたそうで、
まだ幼なかった自分は父(先代)が寝ているところを見たことがなかったんだとか。
その尊敬する先代に少しでも近づきたいという想いで、今も製作を続けていらっしゃいます。

b0215241_20240228.jpg
角を付けるとまたイメージが変わりますね。
鹿の何ともいえない表情、愛くるしい。




b0215241_20305582.jpg

今回の訪問ではこのGWで観光に訪れた方たちが、愛媛のお土産にと「鹿面」、「鈴鹿」を買ってくださって品薄なので、追加注文してきました。
幼い時はさほど感じなかったのに、年々その土地のものであるとか、長年続いてきたものの良さを感じるように。。

郷土の良さを見直しながら、また発信したいと思います。



b0215241_21243259.jpg
鈴鹿入荷、お楽しみに。





















[PR]