カテゴリ:掛谷康樹( 6 )

b0215241_14364063.jpg
気づけば今年も早2ヶ月。
愛媛もここのところ急に気温が下がり、一気に冬に近づきました。

本日より中央テーブルには掛谷康樹さんの器が並んでいます。
広島県福山市の自宅兼工房にて一人作陶している掛谷さん。
「練り上げ手」という技法を用いて、色の違う粘土を地層のように重ね合わせ、練ったりこねたり切り口を変えたりして多様な柄を生み出します。
異国情緒をまとったエキゾチックな模様たち。
フツフツと潜在意識がかきたてられるのは何故でしょう。
b0215241_14444257.jpg
「絵付け」ではなく、土そのもので柄を出していますから、お皿の裏まで同じ模様が広がります。
練り上げ手というのは作るのに時間がかかりますし、窯から出した際の破損率も高いそう。
一人で作るには一ヶ月の生産量がほぼ決まっています。
b0215241_15104826.jpg
はじめて見たのは6年前の倉敷の民芸店でした。まだ店を始める前のことです。
積み上げられた器の一番奥からガサッっと取り出してると、店主が以上のような説明をしてくれました。
それってどんなの?実際に見てみたい、店開いたら絶対訪ねていこう!
8寸皿を大事に大事に抱えて帰ったのを鮮明に覚えています。
b0215241_15195119.jpg
そして帰って使ってみたら、何と使いやすいことに驚きました。
眺めて楽しめる器ですが、やっぱり実用的であると女性目線ではなお嬉しい。
奇をてらわず、あくまで用の美を兼ねているところも惣堂窯の魅力です。
b0215241_1529570.jpg
b0215241_15304577.jpg
角皿が入れば食卓が締まりますのでまだお持ちでない方におすすめです。
b0215241_15292010.jpg
「練り上げの器は主張がありますからね、食卓全部が練り上げ手だと重たい。沢山並べなくていいんです、1つか2つあればいい」
掛谷さんはおっしゃいます。
「アクセントとして使ってもらえたら」
b0215241_15395137.jpg
気温が下がってきましたので、土ものが並ぶと食卓がほっとする、温かみが感じられますね。
やちむん、小鹿田、出西窯等、他の産地ものと並べてもしっくりくるのは、主張しながらも各々どこか引き算の美があるからではないでしょうか。
そんなところも民芸の魅力の1つだと思います。
ぜひお手に取ってみてください。
[PR]
b0215241_16394999.jpg
菜の花も終盤ですね。
ほろ苦さが苦手だったのに、「この苦みがいいよね」なんて言い始めた今日この頃。
少し大人に近づいたのでしょうか^^

掛谷さんの8寸皿
パスタを盛った時、周りにほどよく余白が残る。
学食のように、皿いっぱい、どうだ!腹満たせよ!と言わんばかりのパスタも好きだけれど、今日は余裕をもたせて、ちょっとオトナ盛り。

おいしそうに見せてくれる^^、パスタの定番皿です。
[PR]
b0215241_14553366.jpg
今日くらいのポカポカ陽気だと、体も動きやすいですね。
中央のテーブルは、ただ今、掛合康樹さんの器が並んでいます。
ちょうど雑誌には同じ器が掲載^^

掛谷さんは「練上」という手法を用いて作陶しています。
もうブログでも何度か登場しているのでご存知の方もいらっしゃると思いますが、
「練上」は、色の違う土を地層のように重ねていき、こねたり切り口を変えたりして模様を生み出し、その土をロクロではなく、石膏型にあてて作る手法です。
b0215241_1535618.jpg
絵付けではなく、「土」自体で模様を出していますので、器の裏までも同じ柄が並んでいます。
b0215241_154331.jpg

b0215241_17552450.jpg


b0215241_15223925.jpg
縦横35cmもある大きな四角い器。
掛谷さんところの工房で、一番下に置かれていました。
これまた大きいですね!いうと、
「お店でおばんざいをのせて使ってもらってたりね」、と。
いいですね、今の時期大根の煮つけや、ホクホクの肉じゃが、どーんと盛られた大皿がカウンターにでーん。
その中から好きなだけとりわけて、おいしいお酒といただきたい^^
b0215241_15224729.jpg
こねて、重ねて、またこねて、土の模様は無限大。
幾通りもの、様々な表情が生まれています。

ぜひご高覧ください。
[PR]
b0215241_17421120.jpg
今日は日中気温が下がり、強風で木々も激しく揺れていました。一気に冬が来た感じ。平屋の店は、忍び寄る隙間風と戦っています。

さて、人生3度目のパンを焼きました。初心者マークなので、基本に忠実なパンからはじめます。シンプルパンと言えばかっこいいですが、いわゆる、給食パン?まだ大きな声で言えません(嬉しくてブログにのせたけどー)。家でパンが食べれるように、そしていつかみなさんにお裾分けできるくらいにがんばりマス。

器は、掛谷康樹さんのもの。
色の違う土と土を地層のように重ねて作られる、練り上げという手法のものです。
〇5寸皿 
b0215241_17521673.jpg

b0215241_17523718.jpg

径:17cm
高さ:2.5cm
¥2415-

〇8寸皿
b0215241_1752499.jpg

径:25cm
高さ:3cm
¥7875-

〇7寸鉢
b0215241_17525710.jpg

練り上げは、裏も同じ柄になります。
b0215241_1753715.jpg

径:20cm
高さ:6cm
¥8400-

数少なくなりましたが、冬の食卓にあったかさを感じる器です。
ぜひ、お手に取ってみてください。

b0215241_17531919.jpg

[PR]
b0215241_14234139.jpg

掛谷康樹さんの器、今回はお猪口も入荷しました。お酒呑めないのに、思わず一杯引っかけたくなるこの器!これに、お豆さんやお新香、葛餅なんかいれてもいいんじゃないかと思います。
b0215241_14312213.jpg
b0215241_14312635.jpg

愛媛の人は、スポンジの中が「の」の字の「タルト」を思い出すかもしれませんね。懐かしいような、新しいような、また日本的、外国的、色んな角度から見える器です。

先ほどのお猪口より、少し背の高いお猪口もあります。
b0215241_143455.jpg

b0215241_14352194.jpg

白地に藍の表情が奥深く栄えます。これで呑めたら、晩酌の時間も愉しいですね。年々弱くなっちゃって(匂いで酔える?!)、いくら飲んでも顔色一つ変わらない人がうらやましい限りです。

11日は祝日ですが、営業しています。
[PR]
b0215241_16373735.jpg

今日は朝から雪の舞。あらよあらよと畑が白くなりはじめ、これはもしかして積もるか?と淡い期待をよせたのですが、そこは南国愛媛。すぐに日が射しはじめて、雪合戦はお預けです。
来週末は「椿さん」。やっぱり椿さん近くが一番冷え込みますね。(伊予の国、定番の会話)

さて、惣堂窯、掛谷康樹さんの練り上げの器、再入荷しました。

こちらは白土をベースに、赤土で月桂樹のような模様を形どった定番の器です。同じ形で、模様が茶×藍もあります。
b0215241_16434046.jpg

b0215241_16471016.jpg○5寸皿(径15×2.7) ¥2415- 
○7寸皿(径21×2.7) ¥3150-

5寸皿はパン皿や取り皿にちょうどいいサイズ。
7寸皿は煮物を入れたり、ワンプレートにしたり。




今回初入荷の楕円皿。縁が上がっているので、カレー皿としてもお使いいただけます。
b0215241_16584049.jpg

b0215241_1792338.jpg

b0215241_1711021.jpg
○楕円皿(27×8×1.7) ¥3150-

定番、8寸盛皿も入っています。サラダにパスタに煮物に、何の料理もどーんと受け止めてくれます。
b0215241_1726375.jpg

b0215241_1714767.jpg

○8寸盛皿 (径25×4) ¥7875-

どうぞ、あったかくしていらしてください。
[PR]