三日月堂銅版画工房 

b0215241_1593870.jpg
8月の終わり、伊予市の三日月堂銅版画工房さんにお邪魔しました。

何とこちらの工房、境内にあり!
三日月堂の村上さんは、伊予市北新川にある豊圓寺さんの娘さんで、お寺の跡継ぎさんなのです。

京都住まいが長く、これまでご自身の銅版画の製作や、イラストレーターとして雑誌や広告に携わる仕事をされてきましたが、現在は愛媛のご実家に戻られて活動を続けています。
と同時に、家業のため住職の資格も取得されたという、何とも異色な作り手さんです!

b0215241_15302971.jpg
子どもの頃から古い絵本に触れるのが好きだったという村上さん。
その影響でしょうか、村上さんが作る銅版画はどこか懐かしい感じ。
新しい今の暮らしにも、古いものの中にあっても、どちらにも溶け込む空気感をまとっています。
てらいがなく、飄々とした登場人物は、まるで村上さんご本人のよう。

b0215241_15364847.jpg
今回は製作の合間に作っている、プラ板のブローチのお願いしに来ました。
予め、型に合わせて切ったプラ板に色をつける作業、目の前でサッサッサッとテンポよく、あっという間に仕上げていきます。
銅版画は生み出すまでにあれこれ試行錯誤しますが、小物作りにおいては一切迷いがないんだとか。
ひらすら手を動かして無心になるプラ板づくりと、じっくり考えながら0から生み出す銅版画。
正反対な二つの作業を行うことで気持ちのバランスがとれ、結果的に双方にいい影響が出るんだそうです。

b0215241_15452256.jpg
温めておいたオーブンに1つずつプラ板を入れて焼いていきます。
「この作業、ほんの一瞬で、衝撃的ですからねーっ!!」
との言葉通り、パタンと蓋を閉めた瞬間、

マトリックス状態ーーー(手を広げてそらすやつ)
写真ではよくわかりませんが、プラ板がグニャグニャグニャーっと変形して、あっという間に半分近い大きさに縮まりました。
その後も見事なテンポで、オーブンに入れては出し、入れては出しの村上さん。
あっという間に出来上がり、最後にレジンをつけて、留め具を付ければ完成です。パチパチパチ


b0215241_15483789.jpg

b0215241_15484326.jpg
b0215241_15494132.jpg
色合わせも綺麗なブローチは、選ぶのが楽しいですね。
実際につけてみると意外なものがしっくりきたり、やっぱり丸顔にはこっちかな~とかお互いに話しながら、随分と長い時間滞在させて頂きました。
ありがとうございました。

b0215241_16441721.jpg
お土産やちょっとしたプレゼントにも好評です。
ぜひお手に取ってみてください。
[PR]
by karin-since2011 | 2017-09-08 16:45 | 三日月銅版画工房 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://karin2011.exblog.jp/tb/27102379
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。