黒田旗のぼり店  

b0215241_16434368.jpg
11日、宇和島市にある「黒田旗のぼり店」さんを訪れました。
明治37年(1904年)の創業以来、木綿地に手描き・手染めの製法を続ける黒田さん。
雄大な鯉のぼりや漁船に掲げる大漁旗、神社のぼりや武者のぼり、暖簾や法被等々、とにかくカッコイイのです。
店内に入ったとたん、その「静」と「動」の空気感といいますか、生命力、躍動感にグッと惹きつけられます。

b0215241_1765644.jpg
一階の道路に面した広い間口、入ってすぐの畳スペースには、真っ白な縦長い木綿の布がサーっと並べられ、そこで双子のお兄さん勉さんがフリーハンドで見事に文字や図柄を描いていく。
そして隣に併設しているギャラリー奥の階段を上った2階の作業場では、竹ひごで張られたのぼりが吊るされ、弟の健さんや職人さんによる色付け、糊付け、洗浄、乾燥まで行われます。

(※この写真は2階、冬場なのでストーブ入り)

b0215241_19272739.jpg
のぼりは全部で7つの製作工程を踏んでいくんだそう。

子孫繁栄、安全祈願、大漁の知らせ・・
真っ白な布地が人の手によってここまで活きるのは、当たり前のことですが改めてみると、脈々と続いた文化というか、その地に暮らす人々の息遣いが伝わってくるような気がします。

宇和島の景色が見える窓、壁際に整然と並べられた道具、スピーカーから流れる音楽、その1つ1つに感性が刺激されるよう。

b0215241_18394738.jpg
こちらは屋外の槽で糊を落としていく作業中。
海上から目立つように、赤、青、緑、黄色と色鮮やかな大漁旗。

実は私、海辺に近いところで生まれたのにですね、まじまじと大漁旗を見たのがこの工房という、何ともおハズカシヤ・・なのです(^_^;)
(何でもそうだけど、見ようとしないと見えないんですよね~)

その後はすっかり大漁旗と鯉のぼりに魅了され、それ以来どの土地、どのお魚屋さんに行っても見つけると「あっ大漁旗!あっほらほら!」と童心に戻ったように騒いでおります。

特に端午の節句前は大忙しの黒田さん。
以前、宇和の民具館や先哲記念館で黒田旗のぼり店さんの昔の鯉のぼり見せてもらったのですが、木綿ならではの優しくも強い質感に、色どり鮮やかなデザイン装飾。
大きなもので9mはあるよ~という鯉のぼりが優雅に空を舞う姿を想像すると、それだけでワクワクしてしまいました。

いつか天高く青空に鯉のぼりを泳がせたいと想いを馳せながら、、今は汗をふきふき。
黒田さんデザインの手ぬぐいを分けて頂く。

b0215241_12545996.jpg
ピンクと墨黒の2色展開、どちらも「めで鯛」と「牛鬼」がデザインされ、かっこよくて、一石二鳥!

b0215241_12551677.jpg
改めてご案内しますが、今月29日の柳井町かもん夜市にも持っていきたいと思います。

また7/22(土)、23(日)、24(月)は「うわじま牛鬼まつり」もありますよ。

こちらも合わせてぜひ。
[PR]
by karin-since2011 | 2017-07-12 19:53 | 郷土玩具 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://karin2011.exblog.jp/tb/26984556
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。