四国中央市の水引工房へ

b0215241_13184979.jpg
先日、四国中央市で水引細工を製作している、安藤結納店さんへ伺いました。
愛媛県の東部に位置し、香川・徳島・高知の三県に面する四国中央市は、古くから製紙業で栄えた「紙のまち」。平成16年に伊予三島市、川之江市、土居町、新宮村の4つが合併してできた町ですが、合併以降「パルプ・紙・紙加工品製造業」の出荷額が11年連続して全国一を誇っています。
お若い方には映画「書道ガールズ」の舞台となった町と言ったほうがわかりやすいかもしれませんね。

b0215241_15353589.jpg
「水引」の起源は一説に飛鳥時代まで遡ると言われています。遣隋使として随に渡った小野妹子が日本に帰国する際、随から頂いた贈り物に紅白に染め分けた麻紐(くれない)が掛けられていたことがはじまりだとか。
その後、江戸時代に髪を束ねる細い紐「元結」となり、明治以降に現在の「金封」や「工芸品」などが作られるようになったそうです。

b0215241_1421374.jpg
現在、四国中央市での水引組合加盟工房は22軒。
今回お邪魔しました安藤結納店さんは、安藤さん(写真右)村上さん(写真左)のお二人で製作されています。この道50年以上のベテラン伝統工芸士さん。
持っていった本を見せると、「これはね、こうこうこうしてね、えーっとこうやって、こうで、こうで、ほらできたっ!」と即興であっという間に何でも作ってくれます。
そんな二人は息もぴったり。
安藤さんが「アレなーい?」と言うと村上さんからさっとアレが出てくる。
今度は村上さんがゴソゴソ何か探しものをしていると、安藤さんが横からサッと欲しいものを差し出す。
「みんながね、私ら二人の掛け合いを見るんが面白いって言うのよ~」
長年やってこられた二人ならではの「あ、うん」の呼吸。
そこに居るだけでとっても温かな気持ちにさせてくれます。

b0215241_16114474.jpg
自宅兼工房にはガラスケースに入れられた大作を含め、沢山の作品が並んでいます。玄関には愛媛のゆるきゃら「みきゃん」もありました。今度は四国中央市のゆるきゃら「しこちゅう」も作るそうです。(話に夢中で写真がなくてすみません)
道後・椿の湯の改修工事からもオファーがあったそう。完成したら見に行かなくては!

b0215241_155022.jpg
今回はこの年末、新しく取り扱いたい水引細工のお願いに来ました。
「ふふふっ、あなたの好みはだいたいわかったわよ~楽しみにしててね^^」
孫?とまではいきませんが、歳の離れたこちらの要望をスッと察知し、くみ取ってくれてありがたい。
「こうしたらもっといいんじゃない、これもできるよ」と広げてくれるので、どんどん夢が膨らみます。

時代とともに普段の生活で「水引」に触れる機会は少なくなりました。
今一番暮らしに身近なところでは祝儀袋や熨斗袋の「金封」といったところでしょうか。
その「金封」は戦時中、出征していく兵士への心付けに「水引を結んだ金封」を渡したことがはじまりと言われています。
大切な人への贈り物に水引を掛けることで意味する相手への敬いや神聖さ。
また「結ぶ」という意味にはしっかりとした結びつき、それを願う想いが込められています。
西洋のリボンは解けてしまうけど、水引は解けませんからね。
そういう側面からも水引は日本人が持ちうる精神的文化にしっくり当てはまったんだと思われます。

水引ってこんなに面白いんだ~改めてそう感じた工房訪問でした。


みなさん、年末をお楽しみに!
[PR]
by karin-since2011 | 2016-09-30 17:37 | 水引細工 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://karin2011.exblog.jp/tb/26237813
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by あまた at 2016-10-01 17:45 x
かりんさん

水引、勉強になりました。面白いですね。そして綺麗な結びの仕事。
女性の工芸士さんの美しく繊細な形。素敵ですね。
来年のかりんさんオリジナルのお飾りは、どんなモノが生まれるのでしょうね。
インスタも、愛媛ご紹介も然り。
精力的に頑張ってはる!
雨ばっかりやし、とか言うてウチは企業努力が足りひんなー。
良い刺激になります。
有難うございます。

あまた

Commented by karin-since2011 at 2016-10-02 15:10
あまたさん

水引は京都から取り寄せてるそうです。
昔から続いているものにはちゃんと理由があるんですね。
それにしても戦時を生きて来られた方はほんとにバイタリティがすごい、この日も深夜まで水引の会合に出るって言われてました。会うだけで活力をもらいます。
愛媛の雨続き、土日ようやくの晴れ間です。
あまたさんも文化の秋、企画目白押しですね!お酒飲めたらツアーいくのに(^_^;)



Commented by mottainai-amata at 2016-10-03 12:46
かりんさん

そうなのです。
京都には歴史ある水引専門のお店がありまして、伝統工芸士もいらっしゃいます。
「水引教室」を開いて、もっと敷居を下げて広めようとなさっている工房もあります。
結納品専門店も少なくはなりましたが、街中にあります。
やはり宮中の雅な文化が残っているのでしょうね。

お酒に関してでは、御神酒口の工芸の素晴らしさも引けを取りません。
奈良には吉野杉を使った工芸士がいらっしゃるようです。

いろいろ見ておきたい手仕事があります。
またのご報告お待ちしております!

Commented by karin-since2011 at 2016-10-03 19:55
あまた さん

なるほど!さすが京都ですね。
最近は結納自体少なくなりましたが、水引も様々に形を変えつつまだまだ可能性を秘めてると思いました。
これから外国人にも喜ばれるんじゃないでしょうか。
御神酒口の工芸、少しネットで拝見しましたが美しくて素晴らしいですね。思わず画面にかぶりついてしまいました。
またまだこういうものが残っていると知ると、嬉しくて力が沸いてきますね!