和菓子 大塚さん

b0215241_1320213.jpg
いつも視覚・味覚の両方から、ほっこり季節を楽しませてくれる南斎院の和菓子屋、大塚さん。
長年御夫婦で切り盛りされており、いつ行っても変わらない安心感のあるお店です。急な来客の際も、朝ここに寄ればいいと思うだけでアタフタせずに済み、本当に助かります。

和菓子職人であるご主人さんの仕事ぶりは実に誠実。手を抜いていない和菓子です。餡子に妥協せず、最高級の「特赤」を使用、前日からの作り置きもなさらず、すべてその日の早朝に作っているこだわりです。
普段はお話好きな奥さんが迎えてくれますが、たまにご主人さんもお店番。対照的に口数は多くありませんが、仕事に対する丁寧な姿勢と、職人気質が伺えます。

「若い子がちょこちょこ買いに来てくれるんでね、値上げもなかなかようせんのよ。んじゃけど消費税が8%になるんでね、その時は上げさしてもらおう思いよるんよ」
この春、奥さんは申し訳なさそうに言われていました。
導入前、ここの和菓子、どれも1個100円だったのです。(その前は長らく80円) そして今は・・・1個120円。それでも十分すぎる良心的価格。今、120円で何が買えます??
それでいて、決して安かろう悪かろうではない品質。
量産はできないけれど、しっかり手のぬくもりを感じられる個人商店。子どもの頃は沢山あったのに、、今頃は珍しくなりましたね・・・淋しいなぁ。

土曜日、9時の開店に合わせていくと、おやっシャッターが閉まっています・・
よーく見ると営業時間の文字を9時30分~に書き換えてる・・・朝、少しゆっくり目に変えたんかな、とりあえず車に乗ろうと駐車場まで引き返していると、井戸端会議していたご近所のおじさんが、 
「開けるよう言うてきたげるけん、待っとうきやー」と裏口まで走ってくれました。
事情を聞けば、今までは9時に店を開け、30分位の間、時間差で商品が出来上がるごとに店頭に並べていたんだけど、すべての種類が一斉に揃ったところで選びたいという声があり、時間を9時半に遅らしたんだそうです・・。画一的でなく、作り手の善意をくみとりながら温かく買いに行きたいものですが・・これも利便性に慣れきった、、ご時世なのでしょうか。

「あ~美味しかった、シアワセよ~(^0^)」
食べ終わった後の竹講座の皆さん、満足感に溢れてます。


ここにも健康で誠実な手仕事あり。
どうぞお元気で、和菓子店、長く長く続けてくださいね!

b0215241_1538661.jpg
(急いで開けてくれたから、シャッター半分^^)

和菓子 大塚
9:30~18:00
日曜休
〒791-8032
松山市南斎院町936−5
新野小児科の東側
[PR]
by karin-since2011 | 2014-10-19 15:37 | 愛媛歩き | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://karin2011.exblog.jp/tb/23590985
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。