しめ縄・鶴亀わら細工

b0215241_1713880.jpg
愛媛県西予市宇和町の「わらぐろの会」さんより、しめ縄と鶴亀の藁細工が届きました。
わらぐろとは、収穫して干した乾燥ワラを、後日利用するために、現場(田んぼ)で貯蔵しておくためのものです。冬の風物詩として、昔はいたるところで見られた『わらぐろ』を後世に引き継いでいくために発足し、活動されている「わらぐろの会」さん。
店でも、しめ縄も昔は自分たちで編んでいたんよ~という話をしばしば聞きますが、今は店頭での購入が圧倒的大多数。何とか県内に残ってはないかと探したところ、この度、宇和のわらぐろの会さんにたどり着きました。

まずは、しめ縄のご紹介。しっかり編まれた、シンプルな形に稲穂がどっさりついています。
形は製作者、上甲さんのオリジナル。
昼は真穴みかんづくりに勤しみ、雨の日と夜に作られているそうです。
趣味ではじめたんじゃが、忙しなってしもうて~(笑)
10年ほど前から作り出したしめ縄も、今や東京や埼玉から発注がくるそうです。私らも昭和11年生まれやけんね~(笑)まだまだお元気で作ってください^^!
b0215241_17172558.jpg

白米、赤米たっぷりついていますよ。お好みでお選びください。
b0215241_1719585.jpg

b0215241_17213976.jpg


縁起のよい、鶴亀の藁細工も届きました。
b0215241_17232318.jpg

鶴の羽1本1本にていねいに紐が通されて、気持ちよ~く羽を広げています。
b0215241_17252456.jpg

亀はかなり、リアルな表情・・こっちみてる?!
b0215241_17261948.jpg

実際はかわいらしい、手のひらサイズの子亀です。亀の甲羅の編み方にも色々あります。
b0215241_1822344.jpg


ここのところ気温がぐっとさがり、一気に冬が進みました。
本格的な冬支度に、おすすめの一品です。
b0215241_1727547.jpg

[PR]
by karin-since2011 | 2013-11-28 17:40 | しめ縄・鶴亀わら細工 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://karin2011.exblog.jp/tb/21553254
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。