「ほっ」と。キャンペーン
b0215241_20111348.jpg
ご無沙汰の更新です。
2月病からようよう復帰(^_^;)引き続きよろしくお願いいたしますm(_)m
 
さてそんな中、嬉しい便り。
mowさんが注文していた裂織りの長財布を届けてくれました~。パチパチパチ。

毎日のつり銭入れに使う長財布。
しばらく”間に合せのポーチ”を使っていて、見るたびに「早く好きなものが欲しいなー」と思っていました。

b0215241_20211673.jpg
それならばいっそ、「はる財布に掛けて頼んじゃおう!」ってことで年明けにご相談。
ちょうどお札の入る大きさを割出して、好きな藍染をベースに、チロチロっと「かりん」の黄色も加えたい~という希望をお伝えしました。
あんな簡単な説明でよかったかな?と思いながら、あとはmowさんセンスにお任せで。
待つ時間も楽しみです^^

そうしてそうして仕上がりました!
おお~ピッタリ好みに仕上げてコラレル、流石です!
黄色の場所も配分もジャストポイント。

b0215241_20302380.jpg
よーくみると小さく黄色のラインが入っているの、見えますか?
古布の耳の黄色までサラッと入れちゃう、ニクイ小技。
それがmowさんなんです。

b0215241_2032615.jpg
そして、ジャーン、裏も「かりん」カラーになりました。
実は当初、自身のラッキーカラーに掛けて「紫」にする予定でした。

でも実際に仕上がりに紫の裏地を当てると・・・なんか暗いねぇ?
黄色を当てると・・・なんか楽しい!

とのことで急遽黄色に変更しました。
毎日のこと、しかも大事な大事な懐なので、開けたときに気持ちが「上がる」感覚って大事ですよね^^

b0215241_20463343.jpg
相談しながら1つ1つ作品を作り上げていく作業も面白くて、「オーダー」の楽しみも教えてもらいました。
私一人なら完全にダーク色オンリーで仕上がるところですが、人から見た「似合う」イメージはまた違う?よう。
自分の知らない自分?を発見したり、別の視点で見てもらうのも面白いです。

あの時こんな話ししながら買ったなぁ~とか、ここをポイントで作ってもらったなぁ~とか、
モノに「+α」が加わったとき、さらにそのモノに愛着を感じることを再発見。
流行りではない、有名ブランドでもない、これより高価なものは沢山ある、でも私はコレが好き!というモノに出会えるとすごく嬉しい豊かな気持ちになります。
そしてそして、そんな「モノ売り店」を目指しながら・・。
mowさん ありがとう~!

b0215241_21311925.jpg
私のポーチと姉妹の藍染ポーチも入荷しました。(写真左)
b0215241_21321214.jpg
アフリカ布も日の目を浴びてる^^

裂織りmowさんブログはコチラから → 
(一年前ブログなんてとてもとても・・って言ったのが信じられないくらい攻めてます)
[PR]
b0215241_1535120.jpg
盛岡市にある「みちのくあかね会」のホームスパン。
英国産の羊毛を使用した「手紡ぎ、手織り」のマフラーです。
パンフレットの題字には、「本物との出会い」「本物との触れ合い」と書かれていますが、手に取ってみると、もう説明は不要なんじゃないかと思うほどその意味合いがよくわかります。
b0215241_15562737.jpg
泡のような軽さと優しい質感、発色の美しさ。
どんな流行がやってきても、どこ吹く風。
愛着持って着ていただけます。
b0215241_15454183.jpg
ダーク一色になりがちな冬服のアクセントにもなり、もちろん肌に触れてもチクチクしません。
東北だより、プレゼントにもオススメです。
[PR]
b0215241_1744329.jpg
今日は小正月。
朝から冷え込むなぁ~と思ったら、松山も雪が舞っていました。
年に一度あるかないかのことなので、「雪、ほら雪」とワーワー騒いでしまいます。

b0215241_18294319.jpg
さて、「番組みたよ~」との声ありがとうございました。
前日しゃべることをメモしたのに、カメラの前では真っ白に。
でも見た人から「言いたいことはわかったよ~」ってコメントもらえたのは、限られた時間内でも引き出して、深みを加えてくださったテレビ局さんのおかげです。

b0215241_19113511.jpg
普段から忙しい上に、さらに年末という慌しいときに取材を受けてくれた掛谷さん。
はじめ☎したら、買い付けだと思ったようで「来てもらっても在庫ないよ」って早々に断られてしました。
しかし、事情を話すと「お店の宣伝になるんだったら~」と取材OK.その場で実演までしてくれました。
場を温かく和ませてくれる掛谷さん。いつもお会いしたあとは新しい想像力とエネルギーをもらいます。


b0215241_17591394.jpg
店には毎日色んな人が訪れて、松前の時から、こちらへ来てから、ご近所さん、観光のお客さん、帰省の人、・・・性別、国籍、年齢層も様々です。
話す内容も器のことから、単なる食いしん坊な話、異文化交流、全く関係ない仕事や子育て、恋愛相談まで幅広いっ!
ワタシ何屋?と思う日もあるけれど、こうして毎日楽しく過ごさせてもらってるのは間違いなく出会った人たちのおかげです(^0^)

b0215241_2023651.jpg

これからも愛媛のいいもの、全国のいいもの「絶賛」して、豊かで楽しくなるように提案していきます。
いつもありがとう、そしてこれからもよろしくお願いします。
[PR]
b0215241_14345896.jpg
宣伝です(^_^;)

1/14(土)12:00~放送の、テレビ愛媛「ふるさと絶賛情報バラエティいーよ」の大手町編に出させてもらうことになりました。パチパチパチー。
松前の時にも出してもらって、今回2回目。ありがたいです! (前回の様子→ 

2012年からはじまったこの番組。
「ふるさと ‘絶賛‘ 情報バラエティー」のタイトル名通り、愛媛県内の各地域を歩いて、そこにまつわる「人」・「モノ」・「場所」のよさを見つけ、盛大に褒めまくる~(=絶賛する!!)ことで、愛媛のよさを再発見したり、街を元気にしていくのがコンセプトだそう。
「いーよ」は、「伊予」と「良いよ」を掛けてるのかぁ~。フムフム。

その土地の風土に根付いた、良い手仕事を探し歩いて、紹介していく。
何だか「民芸」とも共通点を感じます。


b0215241_16225133.jpg
今回当店では、県内の手しごと品や、練上げ(ねりあげ)という技法の器を紹介させてもらいました。
年末には、練上げの製作者である掛谷康樹さんの窯元にもおじゃまして、実際にその手法を撮影しました。

練上げの工程は非常に手間のかかる作業の連続で、窯に入れた際の破損率も高く、一人の手で作業するには一ヶ月にできる生産量も限られます。

しかし、その粘土の色や形を変えることで、無限の柄を生み出すことができる素晴らしい技法でもあり、

「歳月を経て、それぞれの表情に変化した粘土を一つに重ね合わせ、新しい表情を作り出す」

その魅力に惹かれて、この「練上げ」を続けていると掛谷さんは言われます。

b0215241_19355598.jpg

目の前にあるモノが、どのようにできたのか。

何でもそうですが、「モノの背景を知る」ことは、知的好奇心が満たされて、とってもワクワク。楽しいです。
またそのモノをより身近に感じることができ、自然と大事に使っていこうという~気持ちに繋がると思います。


二回目というのに全くぎごちない私(>_<)
ちょっと恥ずかしいんですけどね、、
パニクって全然違うことしゃべっちゃったりしてるんですけどね、、
みなさんにサポートしてもらって出てみました!

大手町のいいところが絶賛されていると思います。

「い~よ、松山の旅ぃ~♫」

ぜひご覧下さい。

番組HPはコチラから→http://www.ebc.co.jp/bangumi/iyo/
[PR]
b0215241_1722971.jpg
穏やかな三が日を終え、胃の小休止、七草を迎えました。
当店も4日午後より営業開始。
年始は松山~四国中央市まで「しめ飾りウォッチング」に出かけていました。
同じ愛媛県なのに、それぞれ地域ごとに違うんですね。実に面白い!
年に一度、この時期しか見られませんからね。
まだの方はぜひこの三連休にお出かけください(笑)

当店は上甲さんの「宝結び」の未完成版でお迎えしました。
上部の輪っかが付いてないのですが、これはこれで素敵です。
「今年のうちのお飾りこれにします!」と訪問時に分けてもらいました。
来年はこれも商品化^^ なんてすでに先の妄想をしながら

今年もよろしくお願いいたします。
[PR]
12月下旬入荷予定の宇和の「宝結び」が入荷しました。
宇和町では20日(火)の夕暮れから「わらぐろのライトアップ」が始まっています。
「宝結び」の製作者である上甲さんや保存会による、わらぐろ8基が今年も並び、素朴で幻想的な世界が広がります。
キラキラ~と光る派手さはないけれど、盆地の冷たい空気の中で、しっくりと~しみじみ眺めていたい、そんな冬の風物詩です^^
昨年の様子はコチラから。

気がつけば冬至も過ぎ、今年もあと10日ほど。
お正月の準備はお進みでしょうか。
引き続き、ご注文賜ります。



【宇和・宝結び・黒米】

愛媛県西予市宇和町で作られた「宝結び」。
今年は改良が加えられ、真ん中の結びがイ草でなめらかになりました。
たっぷり稲穂でお届けします。

b0215241_1513046.jpg
b0215241_1642812.jpg
中央円の幅:約16cm
長さ(先端から藁先まで):約50cm
¥3240-






【宇和・わら細工・鶴亀】

同じく、宇和町で作られた鶴亀のわら細工です。
長寿を意味する縁起物、プレゼントにも好評です。

b0215241_1693777.jpg
b0215241_16161948.jpg

[鶴]
幅(羽):約10cm
長さ:約20cm
¥1512-

[亀]
幅(甲羅):約6cm
長さ:約13cm
¥1512-







【高千穂・祝亀(大・小)】

高千穂の祝亀、大小サイズがございます。
壁に引っ掛けられるタイプで、和洋お部屋のタイプを問わずお飾り頂けます。

b0215241_16194140.jpg

b0215241_16254020.jpg

祝亀(大)
甲羅幅約10cm
縦(手先から稲穂の先まで)約26cm
¥3,240-


祝亀(小)甲羅幅約6cm
縦(手先から稲穂の先まで)約17cm
¥2,160-




※遠方の方は通販賜ります。
※大きさは目安です。手作りのため個体差あり。

 
配送先の住所、氏名、ご連絡先、希望商品名をご記入の上、メールかお電話にてご予約ください。
追って合計金額や振込先をお知らせします。
3日以内に返信がない場合は、行き違いの可能性がありますのでご一報くださいませ。



民芸かりん
karin.craftshop@gmail.com
☎ 089-904-7908
メールは24時間受付、☎は営業時間内(11-19時)でお願いします。



【送料(税込)】
佐川急便 (沖縄は郵便局)
小さいものは郵便局の定形外でもお送りできます。

北海道・・1620円
東北(青森・秋田・岩手・山形・宮城・福島)・・・1080円
関東・信越(茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・神奈川・東京・山梨・新潟・長野)・・・972円
東海・北陸(静岡・愛知・岐阜・三重・富山・石川・福井)・・・864円
関西・中国(大阪・京都・滋賀・奈良・和歌山・兵庫・岡山・広島・山口・鳥取・島根)・・・648円
四国(香川・愛媛・高知・徳島)・・・432円
九州(福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島)・・・648円
沖縄・・・別途

[PR]